ビードストッパー

最近の170馬力以上のフラッグシップマシンや、過酷なレースの世界では、信じがたいことですが、後輪に猛烈なトラクションが加わることで、ホイールが先回りしてタイヤとズレる症状が起こることがあります。このような流れを受け、西村コーティングではヨシムラ等のレーサーでテストを繰り返し、ペイント技術によるビードストッパーを開発しました。

ビードと接するリム部分に特殊ペイントを施し、そこにビードを押し付けることでズレを大幅に軽減させます。ペイント式“ビードストッパー”は、今シーズンから全日本スーパーバイクで多くのチームが使用しています。万人向けの技術ではありませんが、興味のある方は是非お問い合わせください。

2008年全日本ロードレース選手権JSB1000クラスのシリーズにて、すべてのサーキットにおいて西村コーティングのビートスットッパー装着車両がコースレコードを更新致しました!!

※価格につきましてはお電話にてお問合せください。